• ビタミンC誘導体が含まれた化粧水の注意点

    シミ・しわ・たるみ・ニキビなど、様々な肌トラブルの改善に効果的なものとして、ビタミンC誘導体が含まれた化粧水が挙げられます。
    シミ・しわ・たるみなどは活性酸素が増え、肌細胞が老化することによって起こります。

    ビタミンCの化粧水はとにかくお勧めです。

    しかしビタミンCには抗酸化作用があるため、肌の老化を抑えることができます。しかし、この成分が含まれた化粧水を使う際には、自分の肌の状態に気をつける必要があります。



    ビタミンCには、抗酸化作用の他に、皮脂の分泌を抑制する効果もあります。


    この効果によって、余分な皮脂が分泌されることによって起こるニキビを改善させることができます。


    しかし、敏感肌の方や乾燥肌の方がこの化粧水を使った場合、逆効果になる恐れがあります。

    乾燥肌とは、水分が肌に十分に保てないためにバリア機能が低下した状態になります。


    そして肌に水分を保てない原因の一つとして挙げられるのが、皮脂の分泌量が少ないことです。


    皮脂は肌内部に水分を保つ働きがあります。

    しかしビタミンC誘導体が含まれた化粧水によって、皮脂の分泌を抑制してしまうと、皮脂が足りなくなってしまい、肌に十分水分を保てなくなってしまいます。


    するとさらに乾燥肌・敏感肌が進むようになってしまいます。

    そのため、乾燥肌・敏感肌を抱える方は、できるだけビタミンC誘導体が含まれている化粧水は避けるようにします。



    一方、皮脂が多く分泌されている人の中には、本当は肌内部の水分量が足りず、何とか肌内部に保とうとして皮脂が多くなっている場合もあります。

    その場合は皮脂が多く分泌されている部分にだけつけるようにします。